子供守護

安産・子供守護の神社
神社で安産祈願をし、無事に赤ちゃんが生まれた後は、お礼参りの意味も込めて初宮詣(お宮参り)をし、神様に生まれたことの奉告と今後の健やかな成長を祈願します。
初宮詣の後にも様々な神事があり、お子様の成長過程、また、社会での役割の変化等の人生の節目に行われます。今後の人生を左右する節目に、神様にお守り頂き、人生が良い方向へと進むよう祈願します。有間神社は特に、「子供守護」の御神徳があるとして崇敬されております。


初宮詣(お宮参り)
生まれて初めて神社にお参りし、神様に無事に生まれたことの奉告とお礼をし、今後の健やかな成長を神様に見守って頂くように祈願します。

一般的に男の子は三十一日目、女の子は三十三日目に行われていますが、百日目のお食い初めと合わせて行うなど地域によって異なることもあります。

※目安の日にちですのでご都合の良い日にお参り下さい。

 


七五三
七五三は古くからの風習である三才男女の「髪置(かみおき)」、五才男児の「袴着(はかまぎ)」、七才女児の「帯解(おびとき)」に由来するといわれております。

これまで見守って下さった神様に感謝し、これからの健やかなる成長をご祈願致します。

※十月末の土・日、十一月の土・日は随時受け付け致しますのでご予約は不要です。

 


入学
学校生活というのは将来のお子様の人生を左右するとても大切な時期です。この学校生活の安全、学業の成就を祈願致します。

ランドセルや通学鞄、勉強道具等をお持ち頂ければご祈祷の際ご一緒にお祓い致します。

 


十三参り
十三才の多感な年齢に人格形成や将来の道筋を間違わないように「知恵授かり」と「心身の健全」を祈願致します。

男子は元服のお祝い、女子は初めての厄年の厄払いともいわれております。

 


厄除
災難が身に降りかからないようお祓い致します。

特に厄年(人生の中で特に災難や障りに遭いやすい年)にあたる、男性は25・42・61歳、女性は19・33・37歳、又その前後の年(前厄・後厄)には厄除けのお祓いをお受け下さい。

※年齢は数え年

成人式
成人式では、無事成人(大人)になれたことを神様に奉告し、これからも見守って下さるようご祈願致します。

成人式は昔の元服式にあたり、元服すると社会の仲間入りし、責任と義務を負いました。現在でも、成人になると様々な権利が与えられるとともに様々な義務が生じ、自分の行動にも責任を持たなければいけなくなります。成人式は、それらを自覚するための大切な節目の儀式でもあります。

※年齢は数え年